-へたれ技術者の駄目日記-(私は大原さやか様の声が好きだ!という、しがない技術屋の日記)

この日記はw3mとemacs(22.1.1)とDDSKKを使って書いています。
本日記の主要取扱項目は電子回路/UNIX/ネットワーク/アニメ/声優ですが、ごく稀に労働問題に関しても言及しています。
壁紙を使ってワザと見にくくしています。
NetBSDでえっちなゲイムが出来無いのはいけないと思いますっ。
日記が更新されていない時は激務で果てているか酔っ払っているかのどちらかです。
更新されていなくても Twitterでつぶやいている かも知れません。
PUREまりおねーしょんを全面的に応援しています。
ひだまりスケッチを大絶賛応援 中です。
鉄道むすめ シリーズの 大月みーなを何となく応援しています。
カレイドステージは終了したけど レイラ様は永遠に不滅でつ。
この日記は上司とか恩師も見ているのでガクガクブルブル

森野苺たん(130cm:22歳) 鈴木みか先生(148cm:27歳)野々原結先生(138cm:推定22歳) 、小山内揚羽(推定140cm:25歳)、 夏目藍先生(152cm:24歳) は神レヴェルです。(謎)

本日記は個人の独り言のようなものなので内容についてガタガタ言うと海に叩き込むぞ。

2.5次元はJIS丸め(JIS Z8401-1999)をすると2次元。

本日記に価値があるかどうかは各個人が判断するものであり強制したり、されたりするものではないと考える。

ハード技術者ならカラーコードと2のn乗はn=16までは覚えましょう。(懇願)
分らないことを人に聞く前にデータシートを熟読しましょう。(英文でも気合いで読め)

回路設計基本思想:Low Cost,Low Power,High Performance


[ AERG | ヤサグレ日記 | TCVVアニタレ空中線 | 管理用 ] [NO CCCD] [時間ねぇ〜] [RSS] 人気ブログランキング - へたれ技術者の駄目日記(諸君、私は大原さやか様の..

先月 2019年04月 来月
01 2 3 04 5 06
07 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
    follow me on Twitter

    2019年04月20日()

    _★ [MISC] やったこと


    [ETC]京都・奈良旅行(一日目)

    京都・奈良旅行(一日目)。
    バスは0600定刻通りに京都八条口に到着。

    まずはいつも通り朝飯を第一旭で喰うため向う。
    が、6時15分なのに既に行列できていた。
    オレ、何回もこの時間帯に第一旭来ているけど並んだのは始めてだわ。何なの?
    15分くらいしてようやく入店できた。
    混んでいた理由は奥の席で8人くらいが宴会やっていた所為だった。
    あと、久々にカウンター席ではなくテーブル席(相席)
    暫くしたらラーメン来たが、箸が無い。
    カウンター席の箸を持って来たらテーブルの下に箸があった。
    あれ、昔テーブル席に座った時にはこんなことなかったのに...
    0650ちょい前、撤収。

    嵐山に行くため京都駅に向う。
    0701発の電車があったが嵯峨野線ホームの信号機見たかったので次の0716発亀岡行きに乗車。
    0735嵯峨嵐山駅到着。
    徒歩で法輪寺に向う。
    0750、法輪寺電電宮到着。不具合退散を願う。
    その後、ご本尊にもお参りして0800撤収。

    妙心寺に朝のお勤めの般若心経を聞きに行くため嵐電嵐山駅へ。
    出発を待っている間に構内の信号機を観察。
    0815出発。
    途中、帷子ノ辻で乗り換えて0835妙心寺駅到着。
    空を見上げたらスゲー天気良い。絶好の旅行日和だわ。
    以前来た時、0900ちょい前に読経が始まったので、それまで待機。
    が、0900になっても始らないので0910頃撤収。

    花園駅に到着して暫し電車を待つ。まぁ、その間に信号機の観察をしていたので苦ではなかったけどな。
    0931発の京都行普通列車に乗車。
    0940、梅小路京都西に到着。この駅は先月開業したばかりの新駅。
    なので、最初からホームドアが設置されている。
    そして、この駅のために例のデルタ線が廃止されたのだった。
    で、そのデルタ線跡は歩道になっていた!
    新駅とその周辺を見学して0950すぎ、京都鉄道博物館に到着。
    前売券を買ってあったので前売券組の列へ。
    いやー、前売券の有りと無しでは入場にかかる時間が全然違うんだよな。
    1000入場。

    まず最初に毎度お馴染の継電連動機の見学。
    前回来た時から差異は無い。未だにおかしな動きをするのは健在だ(ぉ
    今日はこの継電連動のところで子供向けのおしごと体験が出来るらしい。
    電気(信号通信:信通)の体験とかマニアックだな。
    企画展のプラレール展を見たり、1100からの鉄道ジオラマを見たり。
    ほぼ展示は変ってなかったけど、以前より見られる範囲が狭くなった希ガス。(CTC制御盤とか近くで見られた)
    2時間たっぷり見学して1200すぎ撤収。
    梅小路駅1216発京都行普通列車に乗車。超満員でワロタ。まぢ乗れないレヴェル。

    京都駅に戻って近鉄線に乗り換え。
    1240、桃山御陵駅に到着。目指すは『鳥せい』。
    昼飯および飲みに来た。
    1245入店。
    昼時なので激混を予想していたが数分で席に案内された。ラッキー。
    で、酒と焼き物を次々と注文。
    酒が旨くて飲み過ぎてちょっとヤヴァイ状態になった。
    1430撤収。
    ちょっい飲み足りなさを感じてカッパキザクラカントリへ。
    麦酒と日本酒ハイボールを購入。<ほんとただの酔っ払いだよな。
    1455すぎ、奈良に向けて桃山御陵駅を出発。
    1530すぎ西の京駅到着。途中、爆睡ぶっこいていた。

    中学校の修学旅行以来、三十数年年振りの奈良。
    まず、中学校の時に来なかった唐招提寺へ。
    凄いワクワクしながらお参り。真っ先に御朱印を頂いた。
    その後、境内を見学。が、思っていたのと違い見るところがあまりない。
    凄い広い境内とは裏腹に見る所がホントに少ないんだよ。
    鑑真像を見たかったけど平成の大修理で観られず。orz
    失意のまま1620撤収。

    当初予定では薬師寺に寄る予定はなかったけど時間が余ってしまったので薬師寺にも寄ることにした。
    入山してスグに御朱印を頂きに行った。(職員が最初に御朱印所へ行けと言ったので...)
    その後、境内見学。
    有名な東塔は修理中でこの時間には見ることはできなかった。残念。
    あと、もっと早ければ薬師寺名物の説法が聞けたハズ。残念。
    拝観時間が1700までだったので1645頃に撤収。

    西の京駅、周辺がとてつもなく田園風景。薬師寺とか唐招提寺とか名刹があるのに田園風景。
    嵯峨野の風景とはまた別な感じで驚いた。
    嵯峨野は洛中から離れているけど、西の京は奈良市内から然程離れていない。
    この落差に驚いた。
    1700すぎ、西の京を撤収。

    途中、大和西大寺で乗り換え1730、近鉄奈良駅到着。
    ホテルにチェックインして部屋に入ってスグBTNQ。
    で、気が付いたら2045。
    3時間も寝てしまった。orz 飲み過ぎおよび睡眠不足の所為だな。

    夕飯を喰うためホテルを出た。
    ホテルを出たら前の商店街で何やら祭みたいなことをやっていた。
    商店街を歩いて『奈良の酒蔵全部呑み「うまっしゅ」』という店に入った。
    で、最初に飲んだ『梅乃宿 純米大吟醸 吟 生酒』というのが吟醸香が凄くて驚いた。
    他にも奈良の地酒を堪能。
    つまみも色々と頼んでへべれけ状態。
    気が付いたら店の中はオレと他の2人だけになっていた。
    閉店時刻が2300ということで2255頃、撤収。

    ホテルに戻る途中、コンビニの寄ってカップ麺を購入。
    戻ったら2300回っていたんでタブレットで自宅レコーダに接続して東京MXで放送中の『22/7計算中』をライブ試聴。素晴しい。
    2330からもアニメ試聴。ホテルでBS11が観られたんで、こっちもリアルタイムで観た。
    腹減ったんでカップ麺を喰う。
    何か今日は飲んで喰ってばかりいたな。

    以上、1 日分です。
    タイトル一覧
    カテゴリ分類
    GLAN-TANK
    INET
    MISC
    RAMS
    TOMOYO
    UNIX
    uclinux
    wine
    zaurus
    愚痴
    研究
    声優
    設計
    萌え
    Powered by hns-2.19.8, HyperNikkiSystem Project

    マリみて妄想CV, となグラ!妄想CV, 諸君、私は大原さやか様が好きだ, [IPv6限定]清水愛さまハァハァページ, 星野アンテナ, 天安門事件,六四天安門事件 1989/6/4
    E-mail:shin@aerg.jp
    Copyright(C)2000-2015,KAYANUMA Shin'ichi,日本駄目人間協会 AllRightsReserved.